国内旅行者に支えられる箱根

長年にわたり箱根でいくつかの物件を見てきましたし、いくつか取引もしました。でも、この霧の天気ではありません。

ちなみに、箱根には特別用途地区があり、一部の住居専用地域では通常は許可されないホテルや旅館が緩和されています。

2023年に箱根は1951万人の観光客を迎え、2022年から12%増加しました。観光客の約20%が一泊した。宿泊客数はコロナ禍前の水準のほぼ90%まで回復しましたが、外国人宿泊客はコロナ禍前の水準の57%にとどまっています。

しかし、この山岳温泉リゾート地はインバウンド観光に大きく依存していません。宿泊客の約91%が国内旅行者です。

最近の調査によると、箱根には約364軒のホテルや宿泊施設があります。この数は過去10年間で20%減少しています。しかし、ホテルや旅館の数は7軒増加して202施設になりました。一方、企業の保養所やペンションの数は40%減少しました。これらは2000年代初頭から全国的に減少傾向にあります。

2024年7月2日

当社について

ジャパン・プロパティ・セントラル株式会社は、オーストラリア人取締役が設立した東京都心部を拠点とする不動産仲介とコンサル会社です。2014年より、主に日本の不動産への投資をしたいの海外お客様に売買仲介サービスを提供しております。

外国人投資家誘致のお手伝いやインバウンド・アウトバウンドのサポートをご希望の方は、ぜひご連絡ください。

Loading