インバウンド不動産投資家が福岡市に熱視線

最近、福岡は外国の機関投資家の中で人気の話題となっているようです。私たちは、福岡の不動産市場の機会を探り、理解しようとするインバウンド投資家との相談を何度も受けました。

この新たな関心の一部は、九州でのいくつかの半導体工場の最近の開発に起因しているかもしれません。また、例えば東京ではキャップレートが圧縮され、外国ファンドが収益を見込むのが難しい状況にあるため、次の『ホットスポット』を見つけたいという欲求もあります。

しかし、福岡の投資市場は東京と比較すると非常に小規模です。国内の投資家や売主側との会話では、市の都心部の物件を見つけるのが供給不足のために非常に困難であるというのが一般的な意見です。

外国ファンドにとっての魅力は何でしょうか?

  • 半導体ブーム。
  • 台湾や韓国からのアクセスの容易さが、市場としてインバウンド観光や国際学生を提供。
  • 国内的には、地方から仕事を求めてやってくる地元の学生や若い労働者を引き付ける。
  • 地方自治体は国際的なスタートアップやデジタルノマドを引き寄せるために積極的に取り組んでいる。
  • エースホテル(2026年開業予定)、インターコンチネンタル(2029年~2030年開業予定)、ザ・リッツ・カールトン(2023年開業)など、より多くの国際的なホテルブランドを引き寄せ始めている。

福岡市の人口は2024年5月時点で165万人でした。市の予測によれば、2040年には170.2万人に達し、その後2050年までに168.7万人に緩やかに減少すると予想されています。

2024年6月7日

当社について

ジャパン・プロパティ・セントラル株式会社は、オーストラリア人取締役が設立した東京都心部を拠点とする不動産仲介とコンサル会社です。2014年より、主に日本の不動産への投資をしたいの海外お客様に売買仲介サービスを提供しております。

外国人投資家誘致のお手伝いやインバウンド・アウトバウンドのサポートをご希望の方は、ぜひご連絡ください。

Loading